トップ > 理事長ご挨拶


本文開始

  理事長ごあいさつ

 鉗子分娩による視神経損傷で、片目の光を失った私が、今日まで人生を歩んでくることができましたのは、多くの縁ある人々に助けていただいたお陰であります。母 清子が生前「目の不自由な方々のお役に立ちたい・・・」このひと言が財団設立のきっかけとなりました。
私の事業哲学は「人や社会のお役にたててこそ事業であり、企業である」であります。
事業であれ企業であれ、活動する以上は人や社会のお役に立たねばなりません。そんな想いを胸に抱きながら平成9年に財団を設立し、以来20年を超える歴史を刻むことが出来ました。新会館建設計画もスタートしました。
2021年オープンを目指し、今まで以上にお役に立つ会館づくりを進めていきたいと思います。
また当財団の特色は、どこからも寄附、補助をいただかず、独立独歩、独自性のある活動を行うことであります。
収入源はトラスコ中山株式会社の配当のみが頼り。トラスコ中山株式会社の社長としても、事業を確実に発展させていきたいと思います。
最後に、財団活動も企業活動も、皆様のご理解とご協力あってのものです。今後とも大きなご声援をいただきますようお願い申し上げます。

トラスコ中山株式会社 代表取締役社長


トラスコ中山株式会社のご案内 http://www.trusco.co.jp/
                    平成30年(2018)8月末時点

事業内容:プロツール(工場用副資材)の卸売業
東京本社
(本店)
:〒105-0004 東京都港区新橋四丁目28番1号
トラスコ フィオリートビル
大阪本社:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町一丁目34番15号
トラスコ グレンチェックビル
事業所:国内拠点99か所(本社2か所、支店75か所、物流センター17か所、
ストックセンター5か所)
海外拠点3か所(現地法人:タイ、インドネシア、駐在所:ドイツ)
資本金:50億2,237万円
証券取引所:東証一部(証券コード:9830)
従業員数:2,735名(社員1,636名、パートタイマー1,099名)
創業:昭和34年(1959)5月15日
設立:昭和39年(1964)3月2日
売上高:2,130億円(平成30年(2018)12月期予想)
経常利益:138億50百万円(平成30年(2018)12月期予想)
格付:A (株式会社格付投資情報センター)
仕入先:国内外メーカー 2,376社
販売先:機械工具商、溶材商、電材商、建築金物商、管材商、ホームセンター、ネット通販企業など全国5,331社

東京本社大阪本社物流センター