トップ > 理事長ご挨拶


本文開始

  理事長ごあいさつ

 鉗子分娩による視神経損傷で、生まれながらにして光を失ったわが子の将来を憂い、「なんとかしてやらねば・・・」との思いで始まった小さな機械工具卸商“中山機工商会"。奇跡的に半年後には左目の視力が回復し、好運なことに事業も着実に歴史を積み重ねていくことができました。
  創業30年を迎えた平成元年にはジャスダック市場への上場、平成8年には東証・大証1部上場を果たし、平成9年には売上高も1,000億円を突破するなど、お取引先様に恵まれ、社業は順調に歩んでくることができました。
  母が生前「視覚障がい者の方々のお役に立ちたい・・・」そう洩らしたひと言が財団設立のきっかけとなりました。また「事業も順調に成長したこのご恩を、社会にも還元しなくてはならない」という思いも加わり、財団設立活動に奔走しました。 母は財団設立の朗報を聞くことなく平成6年に他界しましたが、3年後の平成9年9月に兵庫県より「財団法人 中山視覚障害者福祉財団」の設立許可をいただきました。
  平成19年4月、長年の悲願でもありました財団活動の本拠地ともなる「中山記念会館」を神戸市中央区にオープンすることができ、この施設で、入居6団体と共に視覚障がい者の皆様へのトータルサポートを実施しています。
  また、平成22年11月、兵庫県知事より公益法人への移行認可を受け、「公益財団法人中山視覚障害者福祉財団」に組織変更しました。その後、平成23年11月に「兵庫県社会賞」。平成25年12月には「厚生労働大臣表彰」を受けることができました。これも、皆様のご支援の賜物と思っています。
  これからも「公益」に相応しい事業活動を実施して、社会に貢献できるよう努力していく所存でございます。
  今後も、より一層のご声援をいただきます様、お願い申し上げます。

トラスコ中山株式会社 代表取締役社長


トラスコ中山株式会社の概要 http://www.trusco.co.jp/ (平成27年12月31日現在)

事業内容 : プロツール(工場用副資材)の卸売業及び自社ブランドTRUSCOの
企画開発を行う
本  店 : 東京都港区新橋四丁目28番1号 トラスコ フィオリートビル
東京本社 : 東京都港区新橋四丁目28番1号 トラスコ フィオリートビル
大阪本社 : 大阪府大阪市西区新町一丁目34番15号 トラスコグレンチェックビル
事業所 : 本社:2 営業拠点:80 物流センター:16
資本金 : 50億2,237万円 東証 第1部上場 (証券コード9830)
従業員数 : 2,136名(社員1,349名 パートタイマー787名)
第53期業績
(平成27年12月期)
:
●売上高
●経常利益
●当期純利益
1,665億円
132億円
82億円
創  業 : 昭和34年(1959年) 5月15日
法人設立 : 昭和39年(1964年) 3月 2日
取引銀行 : みずほ銀行 りそな銀行 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行
三井住友信託銀行
発行体格付 : A (株式会社格付投資情報センター)