TOP > 事業の内容


本文開始

事業の内容

視覚障がい者の積極的な社会参加を図るため、さまざまな支援活動をおこなっています。


公益事業1

中山記念会館施設貸与事業

(施設入居団体の事業内容)

 施設内では、不特定多数の視覚障がい者の相談を受け、トータルサポートを実施するべく非営利6団体がお互いに連携して活動を行っています。
 相談、歩行訓練、通所施設、社会啓発、パソコン講座、イベント等並びに点字、朗読、伴走・伴歩、外出並びにパソコンサポート等を実施し、中山記念会館の利用者は、通所以外の方でも年間約2000人です。

  • 特定非営利活動法人 神戸アイライト協会
     通所施設 視覚障害者活動センター アイライト新神戸
     通所施設 ITハンドファーム
  • 点訳ボランティアグループ連絡会 (点V連)
  • ひょうご伴走歩協会
  • アクセスサポートボランティア(ASVこうべ)
  • 兵庫県朗読ボランティア連絡会 (朗V連)
  • 全国視覚障害者外出支援連絡会(JBOS)

公益事業2

視覚障害者支援団体及び視覚障害者個人に対する助成等の事業

(事業の内容)

 財政的に苦しい状況におかれている視覚障がい者団体及び支援団体へ、より充実した活動を可能にするため助成金の供与並びに大学生等への奨学金の無償給付を行っています。

1.助成金供与事業

視覚障がい者団体及び視覚障がい者支援団体並びにボランティア団体の活動に対して、助成金を支給する事業を行っています。


⇒ 事業助成金応募要領

平成27年度の助成実績

1 視覚障がい者の社会参加活動の支援
 ア 講演会、各種競技会に対する助成 2団体 6事業
 イ 社会参加活動を行う団体に対する助成 21団体 24事業
2 視覚障がい者の視察、研修会への参加に対する支援 2団体 16事業
3 視覚障がい者のためのスポーツ活動に対する支援 2団体 3事業


兵庫県グランドソフトボール大会写真  兵庫県視覚障害者芸能大会


2.奨学金の無償給付事業

 視覚障がい者で向学心に燃える大学生等に月々3万円の奨学金を無償給付し、卒業まで学業に専念できる環境づくりのお手伝いをしています。

年度奨学金給付者数
平成12年度から15年度まで       15名
平成16年度、平成17年度        3名
平成18年度、平成19年度        7名
平成20年度、平成21年度        3名
平成22年度、平成23年度        7名
平成24年度、平成25年度       3名
平成26年度、平成27年度       2名


⇒ 奨学金給付応募要領


公益事業3

視覚障害者の社会参加活動に対する支援事業

(事業の内容)

 障害のある人が障害のない人と同じように毎日を過ごし、共にいきいきと活動できる社会を目指す「ノーマライゼーション」の理念の定着を目指し、視覚障がい者の社会参加活動に対する支援を行っています。

1.兵庫県視覚障害者音楽祭事業

 視覚に障がいを持つプロ、セミプロ、無名の演奏・声楽家等に、飛躍の手伝いになればと思い神戸ライトセンター(KLC)の協力のもと「中山・KLC コンサート」を開催しています。

開催日場所第1部 視覚障がい者第2部 ゲスト出演者
●平成24年2月25日新長田ピフレホール前川裕美、清水紘子
荒木温子、常瑠里子
アルカディア音楽芸術財団
●平成25年2月19日兵庫県立芸術文化センター北村多恵、福田正人リズムファクトリー
●平成26年2月21日兵庫県立芸術文化センター筒井香織サロンオーケストラジャパン
●平成27年1月28日兵庫県立芸術文化センター富岡美晴室内合奏団 THE STRINGS
●平成28年3月25日兵庫県立芸術文化センター前川裕美、福田正人ヴァイオリン 井戸 柄里
ピアノ 鈴木 華重子

2.盲導犬貸与事業

 目の不自由な方の目となり、希望の光となる盲導犬。 当財団は、平成11年度より累計32頭の「盲導犬中山号」をユーザー様に貸与しています。

平成11年(1頭)  ●マーシュ  
平成12年(1頭)  ●ヨーク  
平成13年(2頭)  ●ルルド ●オリバー
平成14年(2頭)  ●ジョー ●ジェームス
平成15年(2頭)  ●トゥルー ●マイク
平成16年(2頭)  ●エディック ●タクト
平成17年(2頭)  ●ヴィオラ ●アーサー
平成18年(2頭)  ●ポップ ●チェリー
平成19年(2頭)  ●レジーナ ●カイザー
平成20年(2頭)  ●ユウト ●ヴィガー
平成21年(2頭)  ●リン ●アミ
平成22年(2頭)  ●ビノシュ ●ヴィクトリー
平成23年(2頭)  ●ジャスパー ●ユノ
平成24年(2頭)  ●フォンク ●バベル
平成25年(2頭)  ●エルモ ●カリム
平成26年(2頭)  ●ブリング ●クエスト
平成27年(2頭)  ●クラフト ●タリア
クラフト 写真
タリア 写真

3.パソコン講座事業

 パソコンは、視覚の不自由さを補い生活や就労に対して有効な手段となります。中途失明者にとってはパソコンを使うことでより多くの情報を得ることができます。
 平成27年度のパソコン講習会を下記のとおり実施しました。

1 初級講習会2コース(各6回)10名参加
2 中級講習会2コース(各3回)10名参加
3 応用講習会2コース(各3回)10名参加
4 音声パソコン体験講習(2回)5名参加
5 iPad体験コース(各2回)10名参加
6 PCサポートボランティア勉強会(7回)延べ14名参加
7 PCサポートボランティア体験講座(1回)1名参加

4.音楽公演事業

 公共の施設でさえ盲導犬と共に行くことに躊躇する中、盲導犬30頭弱と車椅子10台が気兼ねなく参加できるコンサートが「中山ワンダフルフェスタ」です。ガイドボランティアの皆様と共に楽しい1日を過ごしています。

第1回 平成10年 「由紀さおり・安田祥子童謡コンサート」
第2回 平成11年 「コンサートと落語の夕べ」
〜ボニージャックスによるコンサートと笑福亭仁鶴による落語〜
第3回 平成12年 「森進一歌謡コンサート」
第4回 平成13年 「ミュージカル・クラシック・ジャズからポップスまで-名曲の夕べ」
第5回 平成14年 「南こうせつコンサート」
第6回 平成15年 「小林幸子コンサート」
第7回 平成16年 「五木ひろしコンサート」
第8回 平成17年 「岩崎宏美コンサート」
第9回 平成18年 「布施明コンサート」
第10回 平成19年 「森山良子コンサート」
第11回 平成20年 「谷村新司“特別企画"ココロの学校」
第12回 平成21年 「加山雄三withザ・ワイルドワンズコンサート」
第13回 平成22年 「坂本冬美コンサート」
第14回 平成23年 「財津和夫LIVE&TALK」
第15回 平成24年 「西城秀樹LIVE&TALK」
第16回 平成25年 「橋真梨子コンサート」
第17回 平成26年 「石川さゆりコンサート」
第18回 平成27年 「天童よしみコンサート」

天童よしみさん 写真

5.同行援護従業者養成研修事業

 視覚障がい者の同行援護従業者資格取得者(ガイドヘルパー)の増加と質の向上を目的に、年4回、同行援護従業者養成研修を開催しています。
平成27年度の修了者数は、一般過程58名、応用課程20名です。

・第1回 同行援護従業者養成研修(一般課程) 7月2日より全4日間
・第2回 同行援護従業者養成研修(一般課程) 11月5日より全4日間
・第3回 同行援護従業者養成研修(一般課程) 1月16日より全4日間
・第1回 同行援護従業者養成研修(応用課程) 2月19日より全3日間

6.バリアフリー映画上映事業

平成27年度に、第1回「中山UD映画祭」を開催しました。日頃 映画を観る機会の少ない視覚障がい者の皆様に大変楽しんでいただきました。

第1回  映画"マエストロ"28年1月22日、場所 ピフレホール

助成金・奨学金等支援事業の実績

設立時から平成27年度までの累計/19年間 (ただし事業関係経費等を除く費用)

助成先及び事業内容 支出金額
兵庫県・神戸市の外郭団体等(事業運営費、機器等) 2,759万円
視覚障害者団体(事業運営費、イベント費用、機器等) 7,223万円
視覚障害者支援団体(事業運営費等) 3,567万円
ボランティア団体(事業運営費、機器等) 3,573万円
大学等奨学金給付 4,362万円
兵庫県視覚障害者音楽祭事業(中山・KLCコンサート) 1,171万円
盲導犬貸与事業 7,080万円
パソコン講座事業 5,018万円
音楽公演事業(中山ワンダフルフェスタ) 1億9,074万円
同行援護者養成研修事業 281万円
バリアフリー映画上映事業(中山UD映画祭) 102万円
合計 5億4,210万円