TOP> 事業の内容


本文開始

事業の内容

視覚障がい者の積極的な社会参加を図るため、
さまざまな支援活動をおこなっています。


公益事業1

中山記念会館の施設貸与事業

 施設内では、不特定多数の視覚障がい者の相談を受け、トータルサポートを実施するべく非営利6団体がお互いに連携して活動を行っています。
中山記念会館での相談事業件数は年間約2,400件です。


入居団体

ネットワークでトータルサポート
神戸ライトセンター運営協議会
TEL 080-4024-6664
(中山記念会館内で活動する下記6団体の運営協議組織です)

1 特定非営利活動法人 神戸アイライト協会
(TEL:078-252-1912)

活動の内容相談、訪問サポート、各種イベント開催
通所施設の案内ガイドボランティア派遣、白杖歩行、
音声パソコン指導
・視覚障害者活動センター
 アイライト新神戸
・ITハンドファーム
 (就労継続支援B型)

2 点訳ボランティアグループ連絡会(点V連)
(TEL:078-261-8455)

活動の内容点訳書の作成、点訳の情報提供支援

3 ひょうご伴走歩協会
(TEL:078-842-0609)

活動の内容伴走・伴歩、スポーツ支援

4 えいえすぶい神戸
(TEL:080-9513-8368)

活動の内容パソコンでIT支援

5 兵庫県朗読ボランティア連絡会(朗V連)
(TEL:090-3975-0370)

活動の内容朗読、音訳支援

6 全国視覚障害者外出支援連絡会(JBOS)
(メール:office@jbos.jp)
(ホームページ:http://jbos.jp/)

活動の内容全国への一人旅をサポート



財団事務所、会議室、ITハンドファーム活動室


ITハンドファーム活動室、点V連、伴走歩協会事務所、
相談室、ボランティア室、JBOS、ASVこうべ、朗V連


多目的室(視覚障害者団体にも開放)


神戸アイライト協会事務所、中山ロービジョンルーム


公益事業2

視覚障害者支援団体及び視覚障害者個人に対する助成等の事業

 財政的に苦しい状況に置かれている視覚障がい者団体及び支援団体へ、より充実した活動を可能にするために助成金の供与並びに大学生等への奨学金の無償給付を行っています。

2-1 助成金供与事業

視覚障がい者団体、視覚障がい者支援団体、ボランティア団体の活動に対して、助成金を支給する事業を行っています。


⇒ 事業助成金応募要領

助成金で行われた社会参加活動事業
平成29年度支援内容助成金

支援内容団体数事業数
視覚障がい者の
社会参加活動の支援
講演会、各種競技会に対する助成26
社会参加活動を行う団体に対する助成1925
視覚障がい者の視察、研修会への参加に対する支援214
視覚障がい者のためのスポーツ活動に対する支援25
芸能大会

音楽家大会  兵庫県グランドソフトボール大会


2-2 奨学金の無償給付事業

 視覚障がい者で向上心に燃える大学生等に3万円から6万円の奨学金を無償給付し、卒業までの学業に専念できる環境づくりのお手伝いをしています。

奨学金給付実績  累計奨学金給付者数 43名

年度奨学金給付者数
平成12年度から15年度まで 15名
平成16年度、平成17年度3名
平成18年度、平成19年度7名
平成20年度、平成21年度3名
平成22年度、平成23年度7名
平成24年度、平成25年度3名
平成26年度、平成27年度2名
平成28年度、平成29年度2名
平成30年度1名

⇒ 奨学金給付応募要領


公益事業3

視覚障害者の社会参加活動に対する支援事業

 障がいのある人が障がいのない人と同じように毎日を過ごし、共にいきいきと活動できる社会を目指す「ノーマライゼーション」の理念の定着を目指し、視覚障がい者の社会参加活動に対する支援を行っています。

3-1 兵庫県視覚障害者音楽祭事業

 視覚に障がいがあるプロ、セミプロ、無名の演奏・声楽家の皆さまは、大きな会場で一流演奏家との共演機会を持てずにおります。そのような機会を設け、今後のさらなる飛躍のお手伝いができればと思い「中山・KLCコンサート」を開催しています。
第1部では視覚に障がいのある方が、第2部では一流の演奏家がクラシック音楽を演奏しています。

 中山・KLCコンサート一覧

開催日場所第1部 視覚障がい者の部第2部 ゲスト出演者の部
平成24年2月25日
(2012)
新長田ピフレホール前川裕美、清水紘子
荒木温子、常瑠里子
アルカディア音楽芸術財団
平成25年2月19日
(2013)
兵庫県立芸術文化センター北村多恵、福田正人リズムファクトリー
平成26年2月21日
(2014)
兵庫県立芸術文化センター筒井香織サロンオーケストラジャパン
平成27年1月28日
(2015)
兵庫県立芸術文化センター富岡美晴室内合奏団 THE STRINGS
平成28年3月25日
(2016)
兵庫県立芸術文化センター前川裕美、福田正人ヴァイオリン 井戸 柄里
ピアノ 鈴木 華重子
平成29年3月10日
(2017)
神戸新聞松方ホール荒木温子、北村多恵ピアノ 久元 祐子
平成30年3月2日
(2018)
神戸新聞松方ホール清水紘子兵庫芸術文化ホール管弦楽団

ゲスト出演 ヴァイオリニスト井戸 柄里さん ゲスト出演 pianist久元 祐子さん
ゲスト出演兵庫芸術文化ホール管弦楽団

3-2 盲導犬貸与事業

 目の不自由な方の目となり、希望の光となる盲導犬。
当財団は、平成11年度より「盲導犬中山号」をユーザー様に貸与しています。平成11年度と12年度は各1頭、平成13年度からは2頭に増やし累計38頭を貸与しています。

年度日本ライトハウス兵庫盲導犬協会
平成11年度●マーシュ 
平成12年度●ヨーク 
平成13年度●オリバー●ルルド
平成14年度●ジョー●ジェームス
平成15年度●トゥルー●マイク
平成16年度●エディック●タクト
平成17年度●ヴィオラ●アーサー
平成18年度●ホップ●チェリー
平成19年度●レジーナ●カイザー
平成20年度●ユウト●ヴィガー
平成21年度●リン●アミ
平成22年度●ビノシュ●ヴィクトリー
平成23年度●ジャスパー●ユノ
平成24年度●フォンク●バベル
平成25年度●カリム●エルモ
平成26年度●ブリング●クエスト
平成27年度●クラフト●タリア
平成29年度●キット●ユリアン
平成30年度●クロエ●ラック
キット 写真

ユリアン 写真

3-3 パソコン講座事業

 視覚に障がいがあると情報の入手が困難といわれていますが、パソコンのインターネットやメールを利用することで、より豊かな生活を送ることができます。パソコンの画面が見えない、または見えにくい方でも、画面を音声で読み上げるソフトを使えばキーボードで操作することができます。
そこで、パソコンの基礎的な使い方とインターネットの操作方法などを指導する講習会を初級、中級、応用、iPad体験、音声パソコン体験コースに分けて開催しています。
 平成29年度パソコン講習会実績

コース参加者数
初級講習会2コース(各6回)10名
中級講習会2コース(各3回)10名
応用講習会(音楽)コース(3回) 5名
応用講習会(IE)コース(3回) 5名
音声パソコン体験講習(2回) 5名
iPad体験コース(各2回)10名
PCサポートボランティア勉強会(5回)22名
講師勉強会(1回) 7名
初級講習会の様子

3-4 音楽公演事業

 視覚に障がいがあると、コンサートに行きたくても外出するのを躊躇する方がおられます。そんな方々にも気がねなく、楽しく参加していただけるよう盲導犬や車椅子でご来場可能なコンサート「中山ワンダフルフェスタ」を年1回開催しています。
平成29年度は、視覚障がい者の方やガイドボランティアさんの方を含め、1,996名の方にお越しいただきました。

Vol.1平成10年度「由紀さおり・安田祥子童謡コンサート」
Vol.2平成11年度「コンサートと落語の夕べ」
〜ボニージャックスによるコンサートと笑福亭仁鶴による落語〜
Vol.3平成12年度「森進一歌謡コンサート」
Vol.4平成13年度「ミュージカル・クラシック・ジャズからポップスまで-名曲の夕べ」
Vol.5平成14年度「南こうせつコンサート」
Vol.6平成15年度「小林幸子コンサート」
Vol.7平成16年度「五木ひろしコンサート」
Vol.8平成17年度「岩崎宏美コンサート」
Vol.9平成18年度「布施明コンサート」
Vol.10平成19年度「森山良子コンサート」
Vol.11平成20年度「谷村新司“特別企画"ココロの学校」
Vol.12平成21年度「加山雄三withザ・ワイルドワンズコンサート」
Vol.13平成22年度「坂本冬美コンサート」
Vol.14平成23年度「財津和夫LIVE&TALK」
Vol.15平成24年度「西城秀樹LIVE&TALK」
Vol.16平成25年度「橋真梨子コンサート」
Vol.17平成26年度「石川さゆりコンサート」
Vol.18平成27年度「天童よしみコンサート」
Vol.19平成28年度「竹内昌彦講演会・海援隊トーク&ライブ」
Vol.20平成29年度「さだまさしコンサート2017惠百福」
Vol.21平成30年度「八代亜紀コンサート」

さだまさしさん さだまさしさんのコンサート舞台

3-5 同行援護従業者養成研修事業

 同行援護従業者(ガイドヘルパー)とは、障がい者自立支援法に基づく資格で、視覚障がい者の外出支援を行います。
同行援護従業者養成研修は各地で開催されていますが、有料講習会では費用も高いため人数も集まりにくい上に、近年ではガイドヘルパーの質の低下が問題となっております。
このような状況を打開するため、当財団では平成25年度より同行援護従業者資格取得者(ガイドヘルパー)の増加と質の向上を目的に年6回研修会を開催しています。
一般課程・応用課程とも、研修の修了者には修了証明書が交付され、兵庫県内の同行援護に従事できますが、応用課程の受講には、一般課程の修了が必須です。
また、応用課程修了者は、同行援護事業のサービス責任者になることができます。

・一般課程(講習期間4日間)
・年間4回開催  ・定員20名/回
・受講料無料(ただしテキスト代は除く)
カリキュラム内容・科目
視覚障がい者の福祉制度とサービス
障がい・疾病の理解
同行援護の基礎知識
基本技能(アイマスクをつけて白杖歩行介助)
アイマスクを付けての代読・代筆の基礎知識
同行援護制度と従業者の業務
障がい者の心理講座
基本技能(アイマスクを付けて階段歩行介助)
情報支援と情報提供
応用技能(車・電車・バスの乗降介助)
修了式(修了証明書交付)
・応用課程(講習期間3日間)
・年間2回開催  ・定員20名/回
・受講料無料(ただしテキスト代は除く)
カリキュラム内容・科目
場面別基本技能(白杖の使い方)
場面別応用技能(食事介助)
障がい・疾病の理解
場面別応用技能(バス・電車・エスカレーターの乗降介助)
障がい者の心理講座
交通機関の利用
終了式(修了証明書交付)


平成29年度の修了者数は、一般課程80名、応用課程39名です。

内容日程
・第1回 同行援護従業者養成研修(一般課程)6月22日より全4日間
・第2回 同行援護従業者養成研修(一般課程)9月7日より全4日間
・第3回 同行援護従業者養成研修(一般課程)11月11日より全4日間
・第4回 同行援護従業者養成研修(一般課程)1月25日より全4日間
・第1回 同行援護従業者養成研修(応用課程)10月5日より全3日間
・第2回 同行援護従業者養成研修(応用課程)2月17日より全3日間

実技(歩行練習) 講義の様子
実技(階段上り下り) 実技(食事介助)

3-6 バリアフリー映画上映事業

 バリアフリー映画上映とは、映画情報を音声で伝える音楽解説と日本語字幕がついた映画上映のことです。
映画を観る機会の少ない視覚障がい者の皆様に喜んでいただくため、2016年から「中山UD映画祭」として開催しています。
新長田ピフレホール開催では約300名、他会場開催では約130名の方にお越しいただきました。

日時作品名会場
2016年1月22日(Vol.1)マエストロ新長田ピフレホール
2016年9月16日(後援事業)くちびるに歌を豊岡劇場
2017年1月20日(vol.2)のぼうの城新長田ピフレホール
2017年9月22日(後援事業)武士の家計簿春日文化ホール
2017年12月15日(vol.3)殿、利息でござる!新長田ピフレホール
2018年8月31日(後援事業)僕らのごはんは明日で待ってる姫路あいめっせホール
UD映画祭の様子

助成金・奨学金等支援事業の実績

 設立時から平成29年度までの21年間で総額6億9,746万円の助成金等の事業を行いました。
(但し、事業関係経費等を除く)

事業別事業内容支出金額
公益事業1会館貸与中山記念会館貸与(平成24年3月期以降)8,317万円
公益事業2助成金兵庫県・神戸市の外郭団体等(事業運営費、機器等)2,797万円
視覚障害者団体(事業運営費、イベント費用、機器等)8,046万円
視覚障害者支援団体(事業運営費等)4,257万円
ボランティア団体(事業費運営費、機器等)3,900万円
奨学金大学等奨学金給付4,626万円
公益事業3兵庫県視覚障害者音楽祭(中山・KLCコンサート)1,699万円
盲導犬貸与8,080万円
パソコン講座5,677万円
音楽公演(中山ワンダフルフェスタ)2億1,368万円
同行援護従業者養成研修662万円
バリアフリー映画上映会(中山UD映画祭)317万円